つらい片頭痛…心臓治療で改善 岡山大が国内初、6月から

心臓に残った微小な穴を、カテーテル(細い管)を使って閉じることで、片頭痛の症状を改善させる治療を6月から始めると岡山大病院のチームが21日発表した。岡山大病院によると、片頭痛は薬物療法が中心で、今回の治療法は国内初の取り組みという。

 胎児の心臓内部には「卵円孔(らんえんこう)」と呼ばれる微小な穴があり、胎盤から取り込んだ酸素を含む血液はこの穴を通り全身に送られる。本来は出生後に自然に閉じるが、片頭痛患者の半数ほどに1~2ミリほどの穴が残っているとのデータがあり関連が指摘されてきた。

 岡山大病院では平成24年から脳梗塞(こうそく)治療の一環として、脳梗塞を引き起こす一因となる微小な穴が心臓にある患者に、カテーテルを使って金属製の閉鎖栓を心臓に置き、穴をふさぐ治療をしてきた。これまで、片頭痛を併発していた19人中18人で症状が消失したり著しく改善したりした。1人は変化がなかった。

 対象は16歳以上70歳未満で、投薬で改善しないときに限り実施。治療自体は30分~1時間程度で終わるが2泊3日の入院が必要で、費用約130万円は患者負担となる。偏頭痛

買収で逮捕の市議「違反と言ったらみんな違反」

選挙の公正を確保する目的で規制を設ける公職選挙法

真の民主主義政治が行われるためには、選挙そのものが公正に行われる必要があることは言うまでもありません。選挙の過程が捻じ曲げられた選挙では、ある特定の利益を代表する者のみが当選することにつながり、国民の多様な意見が政治に反映されなくなります。

公職選挙法では、選挙の公正を確保する目的で、政治家や後援団体による寄付の禁止(同法199条の2~)や、事前の選挙運動の禁止(同法129条)、戸別訪問の禁止(同法138条)、飲食物提供の禁止(同法139条)、あいさつ状の禁止(同法147条の2)など、広汎な規制を設けています。そこで、どのような行為が許され、あるいは、アウトになるのか、代表的な上記について具体的に説明します。

公職選挙法に抵触する代表的な5つの事例

まず、政治家や後援団体による寄付について。これは、選挙区内の者に対する一切の寄付が禁止されていますので、招かれた結婚式で祝儀を出すことや葬式で香典を手渡すこと、お中元やお歳暮を贈ることなどもできなくなります。

次に、事前運動の禁止です。選挙運動は、公示日(告示日)における候補者の届出があった日から選挙期日の前日までしか許されていません。その間であれば、電話による選挙運動も可能です。もちろん、深夜に行うなど、相手の平穏な生活を侵害するような態様で行うことは論外です。

そして、戸別訪問の禁止。戸別訪問は、買収、利益誘導、威迫などの不正行為の温床となることなどを理由に禁止されています。他の用件で選挙人の自宅を訪問したついでに投票依頼をしたとしても、やはり許されません。

さらに、飲食物提供の禁止では、誰であっても選挙運動に関して飲食物の提供をしてはならないものとされています。ただし、「飲食物」といっても「湯茶及びこれに伴い通常用いられる程度の菓子」や、選挙事務所で食事をするために提供される弁当は除かれています。また、選挙区内の者に対し、「答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状、その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む)」を出すことも禁止されています。あいさつ状の文面そのものは印刷し、名前を自署するといったものでも許されていません。

公職選挙法の罰則の最初に規定される「買収」は最も悪質

最後に、選挙後にしばしばニュースで取り上げられるのは「買収」です。公職選挙法221条1項は、当選目的(あるいは当選させない目的)で「金銭、物品その他の財産上の利益若しくは公私の職務の供与」をした場合のみならず、供与の申込み又は約束をしたこと、その相手方となったことなども処罰の対象としています。買収は、悪質なものとして罰則の最初に規定が置かれています。

レベルの低い奴が目立つ資質

台湾、日本食品全て輸入停止 協議物別れ、15日から実施

台湾当局が東京電力福島第1原発事故後に導入した日本の食品に対する輸入規制を強化する問題で、日台双方の窓口機関による協議が13日、台北市内で行われた。関係者によると協議は物別れに終わり、15日から日本からの食品輸入が全て停止することが確実になった。輸出

 内閣府が13日発表した4月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数が前月比1.4ポイント上昇の53.6となり、5カ月連続で改善

本当かね?

政府の発表信じられない!!

熊本の場合タクシーの運転手さん聞いてもぜんぜんと

うそだろ?

お年よりは年金額は減るし生きているのも地獄と言うことばを

近耳にする。

今日の往診先でお嫁さん曰く

お母さんたちは大してお金払っていないのにと

私は現在56歳とるだけとられてとぼやいていた。